【忍者】プノンペンの日本食居酒屋&案内所 in カンボジア

<潜入>プノンペンの夜遊び 安心して楽しめる日本人経営ガールズバー

time 2016/11/27

<潜入>プノンペンの夜遊び 安心して楽しめる日本人経営ガールズバー

カンボジアの首都プノンペンで居酒屋忍者を運営、在住歴4年のたっちゃんです。プノンペンの夜遊びについて以前いくつか記事をアップしたのですが、まだまだ情報不足。最近僕におすすめナイトライフスポットを訪ねてきてくださる方が多いのでたっちゃん頑張って安心して楽しめる夜の情報を発信していきます。安心してプノンペンの風俗を楽しんで頂く情報として初めてプノンペンで楽しみたい方達のお役に立てば幸いです。今回は日本人経営、日本人常駐のガールズバーを紹介させて頂きます。

2016年11月の記事ですので、現在のお店は記事と異なる場合がございますのでご了承ください。

僕がおススメするプノンペンのレストラン特集も宜しかったらどうぞ
【特集】カンボジア在住歴4年の料理人がお勧めするレストランINプノンペン

以前に紹介しましたが、プノンペンの風俗は基本的にカンボジアガールズバー、エッチなマッサージ、KTV(女の子が横につくカラオケ)がメインとなっております。路上でお金を払って・・・・と言うのもあるのですが色々と危険ですのでおすすめできません。

プノンペンに出張・旅行にきてどこに行ったらいいかわからないって方の為になればと今回はおすすめのガールズバーを紹介します。

カンボジアのガールズバーは日本のガールズバーとはちょっと違います、日本のガールズバーだと女の子がカウンター越しにいてお酒を飲みながら会話を楽しむと言うシステムですね。カンボジアでガールズバーと呼ばれているところは女の子が横に座って一緒に飲む、そして基本的には持ち帰りOK。日本で言うキャバクラ持ち帰りOKバージョンです。

ガールズバーを知っていらっしゃる方も多いと思いますが知らない人の為に簡単にシステムを説明します。(詳細は後ほど・・・)

1.入店 2.席に座る 3.ドリンクを注文 4.女の子を選ぶ 5.女の子のドリンクを頼む 6.女の子と一緒に楽しむ 7.お会計 8.退店(連れ出しok)と言った感じの流れとなっております。

それでは本題のガールズバーについて詳しく説明します。

プリティーウーマンさんはプノンペンの北東部の110ストリート、リーバーサイドエリアにあるお店です。この周辺には他にもガールズバーが数多くありますが日本人経営のガールズバーは非常に数少ないです。お店までの行き方は最後に説明させて頂きます。

img_0100

こちらプリティーウーマンさん。今回は僕のおススメのお店として紹介するので店内撮影許可して頂けましたので早速店内に侵入してみましょう♪

img_0108

今回は店内を撮影させて頂く為に開店30分前に入店。女の子達はopen前のメイクアップだったりと準備をしておりました。店内の照明は暗めでちょいとエロチックな色でしょうか^^BGMは洋楽が中心に流れていました。

img_0109

7名ぐらいが座れるソファー席が2テーブル。

img_0111

ハイチェアーの4名席が3テーブル。

img_0129

10名以上入れる個室が2階にあります。こちらは5名様以上で来店する場合、事前予約でお部屋を抑えてくださるとの事ですので大人数で行く際には予約しておいたほうがいいですね♪

img_0123

カウンターバーもあるので女の子が一緒じゃなくてもと言う方でも気軽にお酒を飲むことができます。

img_0137

リバーサイドのガールズバーだとお手洗いがティッシュまみれだったりしているお店が多いのですが、プリティーウーマンさんはさすが日本人経営のお店ですね。店内もトイレも綺麗に保たれていて日本人のお客様には喜ばれるお店かと思います。

img_0101

リバーサイドエリアのガールズバーのドリンク料金は比較的にリーズナブルに設定されています。こちらのプリティーウーマンさんではドラフトビールが$1.5 ウイスキーソーダ割が$3.5とプノンペンの飲食店とほとんど同じ値段で楽しむ事ができます。日本のスナックやクラブに比べたら格安ですね。

img_0102

カクテルも$3.5~と安心して飲める価格設定となっています。僕の好きなジントニックからマルガリータ、モヒート、ソルティードックやモスコミュール等、メジャーなカクテルはほぼ揃ってます。

img_0155

基本的には会話は全て英語になります。「英語だけかよ。。。。」と思ったあなた。そんな方の為に今回は日本人経営のガールズバーを紹介したわけですね。不安な方はまずは入店したら日本人店長の「よこちん」を探してください^^「たっちゃんブログを見た」と伝えて頂ければ中には片言の日本語を話せる子(エロい言葉を中心にですが。笑)がいますのでその子達をよこちんに紹介してくださるようにお願いしています。もし日本語を話せる子がいなくても店内であなたが楽しめるようにサポートして頂けるようお願いしてありますのでご安心を♪
※現在よこちんは勤務されておりません。

入店して席に着くと女の子が座ってもいい?と来ます。片言の日本語がわかる子が多いです。そこも僕がおススメする理由の一つですね。

女の子選びはガールズバーの最大の肝。ここで自分の好みじゃない子がついてしまったら楽しむ事ができませんね。店内を見て好みの子を探すのもガールズバーでの楽しみのひとつです。絶対に恥ずかしがらずに好みの子がいたら指名しましょう(指名料等はかかりません。また先に違うお客様についている場合はトラブルの原因になりますので呼んだりしないほうがいいです) 遠慮なく好みの子を呼びましょう。呼ぶなんて恥ずかしいとか気にせずに「あの子」と指を指して呼びましょう。それでも抵抗がある方は「よこちん」の出番! 店長呼んでその子を連れてきてもらいましょう。笑

女の子が席に着いたら「ドリンクOK?」と女の子の飲み物をおねだりされますので1・2杯ぐらいは買ってあげた方が女の子もご機嫌になります。

後でその子と店外に出たい場合にはこの時点で女の子に一緒に外に出れるか確認しておくと良いかもしれません。女の子には「tonight ペイバー OK?」と聞けばYESかNOで答えてくれるかと思います。もし不安でしたら店長さんに気軽に聞いてみてください^^

<ペイバーとは?>
ペイバーとはお金を払って女の子とそのお店から外出する事です。女の子が早退してしまうのでその料金(早退料金みたいなもの)を支払って女の子と外出するシステムです。
カンボジアでは売春は違法です。売春を斡旋する事も売春をする事もダメ。ですが個人の自由恋愛・自由行動を制限する事はできません。女の子が男性と外で何をしようがお店が斡旋したりしていなければ問題なし・違法ではなしと言う形で行われているんです。タイやカンボジアの風俗ではこれが一番多いのではないでしょうか。

img_0103

日本のガールズバーやキャバクラでもお馴染み女の子ドリンクについて説明します。プノンペンのガールズバーでもガールズドリンクが存在します。女の子達はドリンクをお客様に買ってもらいお店からバックを貰うという仕組みですね。プリティーウーマンさんではメニュー表に表記されている価格+$2がガールズドリンクの価格となってます。なのでビールやソフトドリンクを買ってあげると$3.5のチャージ、カクテルを買ってあげると$3.5+$2で$5.5となるわけですね。

ここで注意点が1点。どのガールズバーでもそうですが、一緒に座っても良いよと言ってもいないのに次々女の子が座ってきてガールズドリンクをオーダーしても良いか?と言われる事があります。1人2人だと3杯買ってあげても$10ちょっと2人で$25ぐらいで済むのですが、4人5人がぞろぞろ寄って来て皆にドリンクをご馳走してしまうと自分は2・3杯しか飲んでいないのにガールズドリンクだけで$50を超えるお会計になってしまう事が多々あります。とは言っても$50ぐらいで沢山の女の子とワイワイするもの観光や出張中の夜の楽しみ方としてもokかなと思います。それが嫌だなと言う方はちゃんとNOと断りましょう、自分が納得してご馳走してあげると言う子だけにはok、他の子にはnoとはっきりいう事が大切です。

img_0122

プノンペンのガールズバーでの女の子達との会話は 「どこから来たの?」「名前は?」「ゲームしよう」等々普通の会話から始まります。基本的には英語で話しかけてきます。

ちなみに良く一緒にやろうと言われるゲームが↑の写真のような「4並べ」。2色のコインを上から1枚づつ落とし入れていって縦・横・斜めのいづれか4枚を先に1列並べた方が勝ち。大体これをやる時は「私が買ったらドリンク買ってね、負けたらキスしてあげるー」みたいな感じで言ってくる子が多いですかね。笑

女の子達との楽しみ方は人それぞれですが、一緒にワイワイ飲むもの良いですし、胸をお触りも大体の女の子は大丈夫、店長のよこちんを呼んで一緒に飲みながらプノンペン情報を聞くのもありですね♪

★それではここでプチクメール(カンボジア)語講座★

スオスダイ→こんにちは
タライ・ポンマーン→いくらですか(how much)?
モイ(ムオイ)→1
ピー→2
バイ→3

<番外編>
クドウ(工藤さんごめんなさい)→クメール語で男性器(日常で使うと変態だと思われますので注意)
オカモト→カンボジアでコンドームは「オカモト」で通じます。味の素→味の素もカンボジアでは同じ意味で通じますよー。

 

img_0150

こちら(写真右)が店長の「よこちん」(本名 横田さん)一見真面目に見えますがフレンドリーで楽しい方なので是非声かけてみてくださいね♪

img_0160

お店で女の子との楽しい時間を過ごし終わったらお会計タイムですね。伝票の裏に金額が書かれていますので確認してください^^

img_0162

伝票の表側には料金の内容が書かれています。僕は今までプリティーウーマンさんでは一度もないですが。あれ?なんか高すぎないか?と思ったら伝票の内容を確認してみてください。ちなみに左下には誰に何杯ガールズドリンクを買ったのか書かれていますのでこんなに買ってない!って時はお店の人に確認してみてください。

さぁーここで女の子と外出のタイミングとなります。お気に入りの子がいればその子にペイバーと伝えればOKです。

プリティーウーマンさんのペイバー代は$10。プノンペンのガールズバーでは大体$10前後が相場ではないでしょうか。ペイバー料金はお会計時に請求されますのでそこで支払います。

この時にあなたのプランをちゃんと女の子に伝えると後でもめなくて済むのでちゃんと伝えましょう。「一緒にご飯食べに行こう」「一緒にクラブに行こう」「一緒にホテルに行こう」(ホテルで何をするのかは皆様のご想像にお任せします) この時にホテルに行くのであればあなたが滞在されているホテル、もしくは近くにあるショートで休憩ができるホテルに行くことになります。大抵は近くのホテルに行くことが多いかと思いますがその場合は女の子に行先のホテルはお任せすれば大体問題ありません。バーから近いホテルに女の子が案内してくれます。ホテル代の相場は$10~15なので支払いの準備を。また女の子とホテルで何をするかは僕には見当もつきませんが(笑)その相場は女の子によりけりですが$50~$$70と僕の先輩から聞きました。笑 ブログを見たと店長のよこちんに言って頂ければとっても親切にして頂けるとの事なので分からない事があれば気軽に聞いてみてくださいね。

 

たっちゃんブログを見たと店長の「よこちん」か写真左のキャッシャーのレアちゃんに伝えるとビールが1杯無料ななるとの事なので一声かけてみてください^^ちなみにレアちゃんは日本語が話せるので安心してください♪

今回は日本人常駐の安心できるプノンペンのガールズバーという事でプリティーウーマンさんを紹介させて頂きました。

僕がおススメするプノンペンのレストラン特集も宜しかったらどうぞ
【特集】カンボジア在住歴4年の料理人がお勧めするレストランINプノンペン

店長のよこちんより↓
「日本人経営のガールズバーと言うのが一番の売りです。旅行や出張で初めてプノンペンにいらした方にも安心して利用して頂けるよう心がけてます。プノンペンの無料案内所のようなイメージ活動頂けましたら幸いです。たっちゃんブログを見たと伝えて頂けますとプノンペン滞在を楽しめるよう情報の提供、サポートをさせて頂きますのでお気軽に声をかけてください」

 

<店舗情報>
Pretty Woman  プリティーウーマン
住所: #33, Street 110, Sangkat Phsar Chas, Khan Daun Penh, Phnom Penh, Cambodia, Phnom Penh855, Cambodia

電話番号: 015-717-194
E-mail: nan0829068@gmail.com
営業時間: 19時~26時 定休日無し

<行き方>

 

プリティーウーマンさんはプノンペンの北東部リバーサイドの110ストリートにあります。トゥクトゥクやタクシーで行かれる方が多いと思いますが、運転手には「go to riverside,  street 110 and street 5」(ゴー トゥー リバーサイド、 ストリート ワンワンゼロ エンド ストリート ファイブ)と伝えてください。

こちらで初めてトゥクトゥクに乗る方へのプチガイドがありますので参考にしてみてください♪
トゥクトゥクの乗り方

img_0096

ここに到着するとKIWIMARTと言うコンビニがあります。このコンビニの入口を背に向けて左手側に歩いて15秒。

img_0098

右手に見える白い看板がプリティーウーマンさんです。

img_0100

こちらをクリックして頂けますとプリティウーマンさんまでの行き方がクメール語で表示されます。トゥクトゥク/タクシーの運転手さんに見せてください^^

 

 

 

コメント

  • 出張でプノンペンに来ています。
    これから、一人で出掛けたいと思いますが、きけんでしょうか。プリティーウーマンに行って見たいと思うのですが。今、ラッフルズホテルに泊まっています。

    by けんけん €2017年6月9日 12:13 AM

down

コメントする




最近のコメント